6月26日(日) ダニー・ザ・ドッグ を観た

ダニー・ザ・ドッグ     2005/06/25公開
ただのカンフー映画じゃない。大切なのはどこまでも深い "愛する心"。

 記憶を奪われ、感情を失い、暗い地下室で人を殺すことだけを仕込まれてきた孤独な男が、 初めて"人を愛する"ことを知った時、c0044777_21262480.jpgc0044777_21263389.jpgその思いは悲しいまでに純粋。
 ジェット・リーが、徹底して人を殺す暴力性、そして反面、人間として再生していくダニーの揺れ動く感情を熱演、c0044777_21303312.jpgc0044777_22245363.jpg 初の愛の映画に挑む。そしてダニーに愛を教える盲目のピアニスト、サムに本年度アカデミー賞助演男優賞受賞の モーガン・フリーマン。真実の強さとは抑制のない暴力ではなく、どこまでも深い"愛する心"。 <by映画Goo>
c0044777_21314994.jpg
出演:ダニー:ジェット・リー、サム:モーガン・フリーマン、バート:ボブ・ホスキンス、ヴィクトリア :ケリー・コンドン
監督:ルイ・レテリエ
脚本:リュック・ベッソ
ジャンル : アクション
製作年 : 2005年
製作国 : アメリカ
配給 : アスミック・エース エンタテインメント

感想:
めったに好評を言わない映画好きの友人が感動していた。
ジェット・リーが主演の映画なので興味を持っていたが、
ただ闘うすごい男だけではなく、
闘う野蛮さ、その中に潜む孤独さ、寂しさ、それを打開する “愛する心”。
いろいろな表情をうまく表現する彼の演技に意外さを感じた。
ただ暴力シーンが多いわけではなく、
ヒューマニズムを優先している映画なので好感した。
最後のカーネギーホールでのエンディング、
もう少し感動の余韻を味わいたかったが、短かったのが残念。
内容は私好み。
ただ、スケールの大きい映画ではないのでビデオでも十分な感じ。
[PR]
by elfin05 | 2005-06-26 21:54 | 映画
<< 6月27日(月) 暑い日が続きます 6月26日(日) お庭で >>