<   2005年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

3月7日 北京へ

c0044777_23112737.jpg今朝早く
エルが大好きで
仲良しのお姉ちゃんが
叔母さんと春休みを利用して
中国へ旅行に行きました。
約3週間も行ってるんですって。
中国の生活と習慣と中国語を
学んでくるんだって。

写真たくさん撮ってくるって
お土産たくさん買ってくるって
メールくれるって
言ってた。

早く帰ってこないかな。
エル寂しいな。
[PR]
by elfin05 | 2005-03-07 23:14 | 旅行

3月5日 曇

昨日の雪はすっかり溶けて 日中は 少し暖かい感じがしました。
雪をかぶっていたビオラも元気に顔を出しています。c0044777_0484264.jpgc0044777_049736.jpgc0044777_0491374.jpg

でも夕方から雲が厚くなり、雨が降り始め、急に寒くなりました。
明日も雪の予報が出ています。c0044777_0584740.jpg

三寒四温
少しずつ春に近づいているのかな?

試験の終わったおにいちゃんは
夜まで帰ってきませんでした。
逗子の海岸で遊んでいたんだって、
砂をたくさんつけて帰ってきました。
[PR]
by elfin05 | 2005-03-06 00:54

3月4日 本降りの 雪が

昨晩の雨が雪に変わり、
今日 目が覚めたら一面の雪景色。
しかも今日の雪はかなり本格的、結構積もりました。
c0044777_0204297.jpgc0044777_0205466.jpgc0044777_021622.jpg
でも午後になったら雪は止み、お日様もすこし顔を出しました。
お庭に出て雪に触れてみました。ちょっと冷たかったわ。
c0044777_0225048.jpgc0044777_0231981.jpg
そしてお庭の雪も解け始めました。
c0044777_0242635.jpgc0044777_0245490.jpgc0044777_0252391.jpg
まだまだ寒い日が続くのかしら?

今日はお兄ちゃんの期末試験の最終日
雪で延期にならず、無事終わってよかった。
[PR]
by elfin05 | 2005-03-04 11:17 | 日常

3月3日 イタリアンレストラン “CANTINA”

今日は逗子にある イタリアンレストラン “CANTINA” に行きました。
イタリアンと言ってもそれほどしつこくない。どちらかと言うと和風。
特にランチはお食べ徳。 今日は詳細を紹介するわ。
  イタリアンな外観      落ち着いた店内     こだわりの薪窯c0044777_2147486.jpgc0044777_2148815.jpgc0044777_21483628.jpg

薪は400℃~470℃とかなり高温まで上がり、一瞬うちに水分をとばし焼き上げるため、ナポリピッザの “表面はパリッと中はもともち” とした食感と “薪の香ばしい香り”を楽しめます。

Lunch Set 〔11:00~17:00〕
カプリランチ  1,380円  サラダ、パスタ or ピッツァ、ドリンク
ナポリランチ 1,580円  前菜&サラダ、パスタ or ピッツァ、
                 自家製ケーキ、ドリンク
c0044777_22555020.jpgc0044777_22563024.jpgc0044777_22564153.jpgc0044777_22571796.jpg

c0044777_2364445.jpgc0044777_22573047.jpgc0044777_2353357.jpg
c0044777_22132539.jpg
  Dinner Set 〔17:00~22:00〕
  カンティーナセット <2人前>5,000円
     前菜、サラダ、パスタ、ピッツァ、
     本日のメインディッシュ、
     自家製ケーキ、ドリンク

c0044777_22174960.jpg



Cake Set 〔14:00~17:00〕
お好みのケーキ + ドリンク


c0044777_22122100.jpg神奈川県逗子市新宿1-1-15
11:00 OPEN ~ 23:00 CLOSE
TEL: 046-870-6440
Official site
http://www.cantina-zushi.com
[PR]
by elfin05 | 2005-03-03 21:38 | ランチ・食事

3月3日 映画:きみに読む物語

今日 “きみに読む物語” をみました。
c0044777_2058285.jpg
「私はどこにでもいる平凡な人生を歩んできた
平凡な男。
でもただひとつだけ
誰にも負けなかったことがある。
私には全身全霊を傾けて愛した妻がいる。
それだけで充分だ。」

若い恋人同士の物語。
妻が夫に書き残した物語。
“これを読んでくれたら私は戻ってくるわ”
c0044777_20585729.jpg古き良き時代のまっすぐな愛
それを乗り越え 迎えた老後
人間として避けられない “老いの病”
ささえあい奇跡を期待し
読み続ける物語

c0044777_210651.jpg奇跡は5分しか戻らなかった

しかし迎えた最後の瞬間
二人は幸せだった。


c0044777_2104646.jpg年老いた二人を演じるジーナ・ローランズとジェームズ・ガーナーが最高

ストーリー、構成とも良く感動する映画

「きみに読む物語」オフィシャルサイト
http://www.kimiyomu.jp/


愛する人と観るときの注意:
精神的に「愛し続けられた愛」
観た女性はこんな“愛され方”を期待する

それもいいだろう
しかし自分とヒロイン(アリー)を置き換えないで欲しい

c0044777_21173861.jpgまだ私達は若いし健康なんだから
まだこれからたくさん楽しいことがあるんだから
まだ“最後の愛”まではたくさんの苦労を共にしなければならないんだから

“今の愛” と “最後の愛” を混同しないで下さい
[PR]
by elfin05 | 2005-03-03 19:17 | 映画

3月3日 パパが作ったお雛様

25年前 ご主人様がママに作った折り紙のお雛様です。
c0044777_19145487.jpg

[PR]
by elfin05 | 2005-03-03 19:17 | 行事

3月1日 寒い春

3月になりました。c0044777_23131362.jpg
春の節句も もう直ぐだというのに
冬を思わせる寒い始まりです。

今週はまた雪が降る予想が出ています。
春はまだまだ先のようです。

エルは春が来るのを じっと待っています。
[PR]
by elfin05 | 2005-03-01 23:13 | 日常